教員詳細情報

林 韓燮
(いむ はんそぷ)

林 韓燮(イム □□□□)
職名准教授
学歴・経歴韓国昌原大学校 芸術大学 産業デザイン学科卒業
愛知県立芸術大学大学院 美術研究科 修士課程修了
愛知県立芸術大学大学院 美術研究科 博士後期課程修了
平成26年4月~令和3年3月 高田短期大学 子ども学科 専任教員
令和3年4月~現在 名古屋柳城女子大学 こども学部子ども学科 准教授
担当科目《こども学科》子どもの造形基礎 子どもの造形表現 幼児と表現
保育内容指導法-表現 子ども学フィールドワークⅡ
美術と文化 子ども学研究ゼミナール 卒業研究
専門分野美術学、芸術学
研究分野造形表現、工芸デザイン
研究内容木育、木工遊び、子どもの遊び、授業方法
所属学会日本教材学会、中部教育学会、日本保育学会、日本保育者養成教育学会

主な業績

  • 「木育に着目した幼児造形の試み-親子で楽しむ造形遊びテーブル作りの可能性-」(平成27年3月、中部大学、中部大学現代教育学研究紀要vol.7)
  • 「保育者養成校における幼児造形教育の視聴覚教材の開発と指導方法」(平成28年3月、高田短期大学紀要第34号)
  • 「表現指導法」授業における現状と課題-保育学生の学びから-」(平成28年3月、高田短期大学紀要第34号)
  • 「段ボールを素材とした手作りおもちゃ教材の提案」(平成29年3月、高田短期大学紀要第35号)
  • 「保育者養成校における表現領域授業のあり方‐保育現場の表現活動を通して‐」(平成29年3月、高田短期大学紀要第35号)
  • 「段ボールを用いた創作遊具の可能性について-製作活動と実践活動を通して-」(平成30年3月、高田短期大学紀要第36号)
  • 「ICTを活用した教育実践-学習支援システムmanaba courseの活用を通して-」(令和元年3月、高田短期大学研究紀要第37号)
  • 「保育現場における段ボール素材を中心としたリサイクル素材の利用実態と課題について」(令和2年3月、高田短期大学紀要第38号)
  • 「津市美杉町の間伐材を活用したワークショップの取り組み-子どもと一緒にデザインする「子どもの椅子づくり」」(令和2年3月、三重県私立大学高専協会 研究助成)
  • 「演習科目における遠隔授業の可能性に関する研究-オンデマンド型授業を中心に-」(令和3年3月、高田短期大学育児文化研究 第16号)
メッセージ

たのしい遊びの一つである、造形表現について一緒に学んでみましょう。

美術!あなたは美術が下手で苦手だと思っていませんか。造形表現では、好き嫌いと切り離して、「おもしろい」「たのしい」「もっとやりたい」ことを目指します。また、何よりも「子どもの心の表れ」を大切にしていきます。そして人とものと環境とのかかわり、遊びとして造形表現を学び、子どもの豊かな表現を引き出せるような保育者を目指しましょう。