教員詳細情報

菊地 篤子
(きくち あつこ)

菊地 篤子(きくち あつこ)
職名准教授
学歴・経歴京都女子大学家政学部児童学科卒業
大妻女子大学大学院家政学研究科児童学専攻(修士課程)修了 修士(家政学)
静岡県立伊豆中央高等学校・同沼津西高等学校 非常勤講師「家庭科」
静岡県三島市健康推進課保健センター委託乳幼児心理相談員
静岡県伊豆市健康増進課委託乳幼児心理相談員、同市教育委員会学校教育課 特別支援教育コーディネーター
小田原女子短期大学幼児教育学科(現小田原短期大学保育学科)非常勤講師
小田原短期大学保育学科教授
担当科目《こども学科》乳児保育Ⅰ 乳児保育Ⅱ 幼児と人間関係
《 専攻科 》保育内容・方法研究Ⅱ 保育内容・方法研究Ⅲ
専門分野こども学・幼児教育学・保育学
研究分野3歳未満児保育・幼児の社会性・保護者支援
研究内容家庭生活と園生活の連続性について双方向から調査し、連携の在り方を探るとともに、子どもとともに生活を営む大人たちの役割を研究しています。
所属学会日本保育学会、日本家政学会、日本発達心理学会、日本臨床発達心理士会
日本保育者養成教育学会

主な業績

  • 『保育内容「人間関係」』大学図書出版(共著)平成26年
  • 『事例で分かる保育士受験対策講座「保育実習理論」』三幸保育カレッジ(編著)平成28年
  • 『コンパス「乳児保育」』建帛社(共著)平成30
  • 『ワークで学ぶ保育内容「人間関係」』みらい(単著)平成31年
  • 『アクティブラーニング「乳児保育」Ⅱ』萌文書林(編著)平成31年 他
メッセージ

子どもウォッチングのすすめ

子どもを取り巻く環境は時代・地域によって様々です。しかしながら「子どもが育つ道筋」は、大きく異なることはありません。そして、子どもがより健やかに育つための環境を用意するのは子どもを取り巻く大人たちです。大学では「育てられる側」と「育てる側」の両方の立場に目を向けながら、子どもの育ちについて専門的知識と理解を深めます。まずは、街で子どもウォッチングをしてみましょう。子どもにまなざしを向けるだけで、大人の役割への第一歩となります。